[Excelグラフに数式を入れ、Wordに貼り付けてPDFを作る方法] はてなブックマークに追加 Tweet

数式入りのExcelグラフとそのPDFを作成する方法を紹介します。
Excelから直接作ったPDFはms_vector_pdf.pdfのようになります。
Wordに入れた場合はMathWord.doc、PDFにしてMathWord.pdfといったファイルが作成できます。

目次:ページ内リンク
Microsoft 数式の使用
枠線と重なり方の調整
グラフと数式の固定とPDF印刷 数式付きExcelグラフをWord等に貼り付ける
ExcelグラフのWord内で位置調整
関連ページ
ExcelグラフをきれいにTeXからPDFへ入れ込む方法vector_eps.pdfのようなExcelグラフ入りPDFをTeXから作成する方法を紹介します。
画像や写真をTeXからPDFへ入れ込む方法picture_eps.pdfのような写真入りPDFをTeXから作成する方法を紹介します。
日本語StataグラフをWordやTeXからPDFへ入れ込む方法:日本語StataグラフをWordやTeXからPDFに入れ込む方法を紹介します。
Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ

Microsoft 数式の使用

Microsoft製品で数式を作成する場合は、『Microsoft 数式』を使います。このページではいったんExcelグラフに数式をいれてからWordに貼り付ける手順を紹介していますが、直接WordやPowerPointに数式を入れ込む場合でも『Microsoft 数式』を使うと簡単です。

『Microsoft 数式』を呼び出すには、メニューバーの「挿入」の中にあるオブジェクトを選択します。新規作成の中の『Microsoft 数式』を選択します。

挿入⇒オブジェクト⇒マイクロソフト数式

Microsoft 数式では、マウスだけでも感覚的に作れます。細かい幅等を変更したい場合は「スタイル」や「サイズ」より設定します。

Microsoft数式では、マウスだけで数式がかける。


枠線と重なり方の調整

グラフや文章に数式を挿入する際、通常枠線はいりません。オブジェクトの書式設定から枠線の消去を選択しておきます。Excelのセルに灰色の枠線が残りますが、通常印刷では消えます。 

オブジェクトの枠線は邪魔なので消しておく。

作成された順や貼り付けた順で、ソフトウェアの中で上下関係が決まっています。前に持ってきたいオブジェクトを上にする必要があります。

Excel内の前後関係をチェックする。

手前にしたいオブジェクトを右クリックして[順序][最前面に移動]をクリックします。

オブジェクトを選択して順序を調整する。

グラフと数式を固定したい場所に重ねます。これでとりあえず印刷はできますが、単に重なっているだけなので、まとめて移動したり、貼り付けたりはできません。数式をグラフ内に固定するのには、『A:グラフ内に貼り付ける』『B:グループ化する』の二通りの方法があります。

オブジェクトの前後関係調整の終了


グラフと数式の固定とPDF印刷

A:グラフ内に貼り付ける (回転はできるが、事後的な修正はできない。)

グラフ内に固定したい数式を右クリックして、切り取り(もしくはコピー)を選択します。はめ込みたいグラフを選択し、グラフの周囲が黒い四角■になった時に右クリックをして[貼り付け]を選択します。これでグラフに数式が入り、マウスで移動させようとしても枠外に出すことはできません。

貼りたいオブジェクトをコピーしてから、貼られるオブジェクトを選択して貼り付ける。

はめ込んだ時点で図の扱いになっていますので、事後的な修正はできませんが、回転させることができます。

はめ込んだ後は修正はできないが、回転できる。

B:グラフとグループ化する (回転はできないが、事後的な修正ができる。)

グラフと数式を固定したい位置に合わせた後、グラフと数式を[Ctrl]キーを押しながらクリックして、全てが選択されている(全ての枠が白丸○で選択されている)状態にします。その状態でマウスの右クリックで[グループ化]を選択します。グループ化した後は、移動したり、コピー&ペーストもひとまとめに扱うことができます。

複数のオブジェクトをグループ化してまとめる。

4. 3-A, 3-Bのそれぞれの方法でグラフと固定したExcelファイルndist_ms.xlsでPDFを作成するとms_vector_pdf.pdfのようになります。
数式もテキストが選択できるベクトル形式なので、拡大してもきれいです。

Excel内でオブジェクトがまとまった後はAcrobatでPDF化する。


数式付きExcelグラフをWord等に貼り付ける

A:グラフ内に数式を貼り付けた場合

数式をはめ込んだExcelグラフは、マウスでコピー&ペーストで貼り付けるだけです。Aのはめ込み形式はExcel内ですら修正ができないよう固定されていますから、Wordに貼り付けても固定&安定しています。
グラフ内に数式を貼り付けたオブジェクトを選択してWordへ貼り付ける。

B:グループ化した場合

グループ化したExcelグラフは、そのまま貼ると修正できる分だけ不安定でWordファイルも重くなります。修正する予定がなければ、軽く安定する[拡張メタファイル]という形式でWordに貼り付けます。Wordの[編集]⇒[形式を選択して貼り付け]⇒[拡張メタファイル]を選択します。Wordに入れた後は、図やグラフの端をマウスでドラッグして、好きな大きさに合わせます。 グループ化したオブジェクトは拡張メタファイルで貼り付けなければ、不安定になる。

ExcelグラフのWord内で位置調整

グラフ等は貼ったままの状態では、図やグラフのある同じ行は文字が入らないようになります。[図の書式設定]⇒[レイアウト]⇒[四角]などにすれば、右寄せにしてグラフと同じ行に文章を入れることもできます。いったん[四角]を選択すれば、マウスやキーボードの矢印キーでグラフを好きな位置に移動させることができます。

書式設定、レイアウトからWord内の位置を調整する。

Wordの最終生産物はMathWord.docのようになります。

Word内での最終生産物

MathWord.docをAcrobat等でPDF化するとMathWord.pdfができます。グラフタイトル等はベクトル形式なので、テキスト選択することもできます。

AcrobatでPDF化しても、グラフ内のテキスト選択ができる。


Webページの先頭へ戻る Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ