風邪?喉痛。コンピューター (2001年4月28日)

 昨日27日、朝起きると喉が痛みがありました。冬場、暖房をつけたまま寝ちゃうと、朝になって喉がガラガラするという事態はよく起こりますが、特に前の晩に寒い格好で居たわけでもなく、この季節にそういうことが起こるというのは、未だかつてありませんでした。また僕はあんまり風邪をひかなくて、ここ数年(高校の皆勤以来)、風邪気味はあっても風邪で寝込んだり、休んだりしたことはありません。それに『鼻から派』と、『喉から派』に分ければ、僕は『鼻から派』なので、喉から痛み出すという事態は、人生初かもしれません。
 そもそもこれは風邪なのか?とか考えながらも、ガラガラするというのではなく、明らかに痛いレベルでした。朝6時に近くのセブンイレブンに行って、蜂蜜きんかんのど飴を購入しました。飴をなめながら、その日にある集合・位相勉強会とマスコレルを読んでいこう会(金曜5時部門)の勉強をしようとすると、どうも思考がまとまらないし、集中できません。これは明らかに、普段の頭の悪さのみによるものではありません。自覚して熱っぽいということはないのですが、耳の奥で自分が脈打つ音が聞こえます。それでもいろいろ問題を考えていたら、学校に行く時間になりました。とりあえず自分が当たっている分だけ、紙に書き出して出発することにしました。

 二限目に計量経済の授業でコンピュータの前に一週間前に申請していた学校全体のコンピューターアカウントをとる必要があったので情報基盤センターへ取りに行きました。アカウントを発行している情報基盤センターの近くで弥生式土器が発見され、この辺りの地名(弥生)から弥生式土器と命名されたらしいです。(しかし見つかったのは厳密には弥生町ではなく、浅野地区という変な話らしい。)東大には赤門があったり、三四郎池があったり、近くに明治期の挿絵で有名な竹久夢二記念館があります。東京には庭園や史跡が多く、思ったよりも緑があります。江戸時代以降は幕府に近かったから分からなくもないですが、2000年前にもこの辺りに住んでいる人が居ていろいろ頑張っていたようです。そういう古代のことを思いを巡らしながらも、とりあえず今日は自分の喉が痛いという事態が重要であることを再確認しつつ「今を生きる!」とか思いながら、計量経済の授業が行われるコンピュータ演習室に向かいました。

 ただ、今回の計量の授業で分かったことは学校全体でのコンピュータは実質的には使えないということだけでした。今週Pentium 4 1.7GHz が(RIMMなしだと)5万円以下で発売され、半年前に1GHz時代とか言われながらも、もうそろそろ2GHz時代に入ってしまうのではないかと思う今日この頃ですが、学校全体で使えるコンピュータは未だに50MHzです。ウチの自作パソコンも450MHzで古めですが、こういうホームページ作成、文章作成、メールといった標準的なパソコン作業、多少の統計、計量計算に不自由することはありません。しかし50MHzは文字入力にもイラつくぐらいで、実際の使用に堪えるものではありませんでした。
 現在標準的な900MHzくらいのパソコンを購入しても、年末くらいには新品で1GHzがローエンドになります。1年後には1.5GHzローエンドになるかもしれません。パソコンはいつ買っても損をした気分になります。緊急に必要でなくて、将来明らかに価値が下がる(と予測される)財は、今買い控えます。そういうことってちゃんと研究すれば経済学でも面白いトピックですが、50MHzはもう緊急に必要な財で、今買い換えるべきだと思います。
 コンピュータのように移り変わりが早いものは、いち早く導入すると、逆に次の技術期には遅れることがあります。日本でADSLがあんまり普及しないのは、ISDNがそこそこ成功したからという話と似ています。おそらくこの(東大生全体で使える)コンピューター環境は平均的な小学校以下だと思います。経済学研究科院生は自治会で使えるコンピュータが別にありますが、東大の学部生や他の文系の院生はひどいコンピューター環境にあります。こういうことまでは古いことを大事にしなくて良いと思います。

 そういうコンピューターのいらつきが手伝ってか、さらに喉が痛くなり、頭がぼーっとして集中力が10分持たなくなってきました。1時から集合・位相勉強会がありましたが、マニアック系数学ってもともと苦手な上に、思考が整理されないので、証明を追うことで手一杯になっていました。その勉強会が3時に終わって、5時からマスコレルの勉強会がありましたが、居ても座っているだけになっちゃいそうだし、風邪?をうつしても申し訳ないので大事をとって帰ることに決めました。
 思えば、日が高いうちに学校から帰るのは初です。帰りにうがい薬を買って、すぐ寝ると起きたら朝の3時(11時間睡眠)でした。寝込んだと言うよりはいつもの睡眠不足の分、よく寝たという感じでした。とりあえずよく寝ると、全快しないまでも8割5分程度の回復(今も多少、喉が痛いですが)やはりよく食って、よく寝ることが回復の秘訣です。

 これを自分の中で風邪と位置づけるべきかどうか?はともかく 明日からまた頑張ろうと思う次第であります。

Webページの先頭へ戻る 今日この頃へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaitoのサイトマップ