2月は逃げる (2004年2月29日:3)

 2月20日には、調査課計量班のQE(Quarterly Estimates)の打ち上げになぜか呼ばれました。僕も遊び人になったものだと思いながら、2日連続で銀座へ行きました。お店は銀座のG-Zoneの中にある ZEST Cantinaでした。ちなみに無情なり、無常 (2003年12月1日)で道義的に行く必要があった宮崎地鶏炭火焼 車には計量班の忘年会(12/26)で有楽町店を利用させて頂きました。お姉さん、有楽町店もおいしかったです。
 ZEST Cantinaは、テキーラが有名な店らしく、途中からテキーラが中心でした。
『小さいグラスにテキーラと炭酸水を入れて、グラスの口をコースターで覆って、底を机に打ちつけて一気に飲む。』
というショットガン・スタイルが渋いそうです。しかし僕は清水通さん(めちゃめちゃいい人)(2003年8月4日:2)を思い出し、『この人達のペースに乗せられては、ならない!』と警戒していました。打ち上げ自体は楽しく過ごし、胴上げをしたり、胴上げをされたりしました。しかし少人数の酔っぱらいにしてもらう胴上げは恐ろしいものです。


 2月22日は、母親が東京に来るということで、昼前に東京駅に迎えに行きました。昼間は見るべき所を考えていなかったので、母親の希望にそって上野へと行きました。アメ横を一回りしてからいろは寿司で昼食を食べました。珍しいネタもあって、安くておいしい店でした。続いて行った東京国立博物館では、日本史の資料集に出てくるような展示品がたくさんありました。予想以上に広く、早めに見ても常設展だけ3時間くらいかかり、特別展の南禅寺展は足早に見ました。(なんだか小学生の日記みたいです)

 夕方以降は、当初から予定していたキダムを見に原宿へと行きました。母親には、神宮橋のコスプレ集団が印象的であったらしい。キダムで演技以前にびっくりしたのは、キダムテント内の物価の高さでした。コンビニで買えば、150円の爽健美茶のペットボトルが350円(ピンバッチのおまけ付き)もします。
キダムの感想は、『すごかった』ということに尽きるかと思います。 

僕はSS席をとったのですが、A席でも倍の値段ほどの見やすさの差はないというのが印象でした。また、同じSS席でもステージに一番近い所と一番遠い所では見やすさや迫力に大きく差がありそうです。SS席をとったのに、最後尾っていう人もいて、それはちょっとかわいそうかなと思います。むしろSS席の後ろの方よりはS席の前の方が見やすいと思えるほどでした。

 キダムが終わった後は、とんかつのまい泉(本店)で夕食を食べました。箸袋には「箸で切れるやわらかなとんかつ」みたいなことを書いてあり、その通りでした。とんかつを食べてから、母親と一緒に下宿に戻りました。


 2月23日は、母親には適当に自分で観光してもらい、僕は税の申告に行くか、勉強しようと思っていました。しかし、なんだかんだで結局、母親に付き添う羽目になりました。11時頃に駒込で降りて、六義園へ行きました。風情のある日本庭園でした。そこから再び南北線で南下をして麻布十番に行きました。昼食は、玄田先生に教えて頂いた麻生十番のそば屋日本そばにしました。初めに見えた老舗そば屋の永坂更科布屋太兵衛だと思い、そのまま入りました(そば湯、二件目)。しかし後から思うと、更科堀井麻布永坂更科本店であったのかもしれません。そばを食べ終わった後、母親の職場の土産用に豆源で豆菓子を買いました。

 麻布十番から六本木ヒルズまで歩いて向かう。テレビ朝日の本社と毛利庭園をぐるっと回ってから、森アーツセンターの展望台に登りました。展望台の高さは東京タワーの特別展望台とほぼ同じ高さ250m(ちなみにエルザタワー55は、185m)です。実際、東京タワーは遠くないので、大体同じ高さを確認することができます。天気が良かったので見晴らしは良かったです。続いて森美術館へ行く。ここでの感想は、

 意味不明なものが多かった。

現代芸術ってやっぱり、そういうものなのでしょうか?わけの分からなさが、ミステリアスみたいなものでしょうか?東京都美術館国立西洋美術館とは、同じ美術館でも全く異なる空間と考えた方が良いかもしれません。

 5時過ぎに、母親が行きたがっていた世界の蘭展を見に東京ドームへ行きました。蘭や庭園自体の美しさよりも、それを作り上げた人の努力や忍耐を思うと、すごいなぁと思いました。そういえば、キダムや組み体操でも、上の方で華やかな人よりも、下の方で歯を食いしばっている人に目がいきます。そんなこんなで2月22日と23日は母親の付き添いをしていると過ぎていきました。


 2月24日の自治委員会では、直前に変更点が出てきて、バタバタしてしまいました。しかし、それを書くともう長いので、やめときます。そういうわけで、

 2月には逃げられました。

3月には去られないように頑張りたいと思います。

Webページの先頭へ戻る 今日この頃へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaitoのサイトマップ