[BibTeX文献情報のWeb検索] はてなブックマークに追加 Tweet

Google:Scholar、CiNii、Lead2Amazon、RePEc(IDEAS)からBibTeX形式の文献情報を取得する方法を説明します。
コピー&ペーストだけで、BibTeX文献情報を取得できます。
その他の論文データベースや検索プラグインはブラウザからの論文検索を参照してください。

目次:ページ内リンク
準備:BibTeX貼り付け先の確保 Google:Scholarからの取得 [学術論文、学術書籍]
CiNiiからの取得 [日本語の紀要、雑誌記事]
Lead2Amazonからの取得 [各国のAmazonで扱っている書籍]
RePEc(IDEAS)からの取得 [経済学論文]
関連ページ
TeXにおける参考文献の引用(BibTeX)とcje02.bst:日本語を含めた参考文献をBibTeXを用いて引用し、文献情報付きPDFを作成する方法の説明です。
JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML:BibTeX文献情報を整理し、Jab2HTMLを用いてsample-Jab2HTMLのようなhtml文献リストを作成できます。
Amazonのカスタマイズ検索(Lead2Amazon):世界のAmazonの検索ができ、書籍のBibTeX文献情報が取得できるLead2Amazonの説明です。
Lead2Amazonの出力(BibTeX 音楽トラック 関連商品 携帯アクセス):Lead2Amazonで選択できる出力に関する説明です。
ブラウザからの論文検索:ブラウザから直接、論文(BibTeX文献情報)等を検索します。
Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ

準備:BibTeX貼り付け先の確保

まずTeX(とセットになっているBibTeX)をインストールします。次に、Webから取得するBibTeX文献情報の収集先となるbibファイルを作っておきます。このbibファイルに文献情報をコピー&ペーストで貼り付けることで文献情報の収集をします。[方法A:JabRef内のBibTeX source][方法B:メモ帳などのエディターで開いたbibファイル]の二通りの収集方法を紹介します。どちらの方法でも、コピーして貼り付けるだけで文献情報の収集ができます。

[方法A:JabRef内のBibTeX sourceに貼り付ける]

A-1. JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTMLを参考にして、JabRefをインストールした後に起動してください。

A-2. [New BibTeX database新しいBibTeXデータベースを作る]を開くか、[Open BibTeX database既存のBibTeXデータベースを開く]で既存のbibファイルを指定します。新しい文献をデータベースに追加したい場合は、[New BibTeX entryBibTeXデータベースに文献を追加する]を選択した後、文献形式を選びます。

新規文献の挿入

A-3. 新規文献の入力モードになった後は、一番右のタブの[BibTeX source]を選択してください。この[BibTeX source]を選んでからツールバーの[Edit]から<Paste>を選択するか<Ctrl+V>でBibTeX文献情報を貼り付けます。

JabRef内のBibTeX source


[方法B:メモ帳などのエディターに貼り付ける]

B-1. 収集先にしたいbibファイルを選び、下の画像のようにメモ帳で開きます。

右クリックでプログラムから開く

B-2. メモ帳で開いた後は、各BibTeX文献情報の間もしくは一番下に貼り付けてください。


Google:Scholarからの文献情報の取得 [学術論文、学術書籍]

Google:Scholarでは、Scholar設定を変更して保存することで、学術論文や学術書籍のBibTeX文献情報へのリンクが出ます。

1. Scholar設定を選択します。

google scholar画面

2. Scholar設定の[文献管理]からBibTeXを選択し、[保存]をクリックして元の画面に戻ります。
  ここまでの設定をしておけば、ブラウザからの直接検索でGoogle:Scholarを検索してもBibTeXへのリンクが出ます。

Google:ScholarでのBibTeX出力を設定

3. 検索画面に戻って、キーワードを入れて検索をします。

Google Scholorで文献を検索

4. 検索結果にある[BibTeXに取り込む]を選択します。

Google:Scholarの出力サンプル

5. 出力されたBibTeX文献情報をコピーして、JabRefやエディターで開いたbibファイルへ貼り付けます。

GoogleのBibTeX出力をコピー


CiNiiからの取得 [日本語の紀要、雑誌記事]

2006年12月25日の改訂より、CiNiiで検索できる全ての文献でBibTeX情報が取得できるようになりました。CiNiiでは大学紀要、政府資料、雑誌記事など他のデータベースにないBibTeX文献情報を取得することができます。

1. 検索語句を入れて検索ボタンをクリックします。

CiNiiのWeb

2 検索結果の中から詳細を知りたい文献をクリックします。

CiNiiで文献を検索

現れたページの右側にBibTeX出力へのリンクがあるのでクリックします。

CiNiiのBibTeX文献情報の出力

BibTeX文献情報が表示されるので、コピーします。BibTeXkeyや出版年の表記に問題があり、そのまま使えない場合があります。目視でチェックして、必要に応じて修正してください。

CiNiiのBibTeX出力、そのままでは使えず要修正


Lead2Amazonからの取得 [各国のAmazonで扱っている書籍]

Lead2Amazonでは各国のAmazonに登録されている全ての書籍のBibTeX文献情報を作ることができます。

1. 出力の[BibTeX]にチェックを入れて目的の本を検索します。

BibTeX出力を指定して検索

2. 検索結果から目的の書籍を見つけます。

Lead2AmazonでのBibTeX表示

3. 目的の書籍のBibTeX文献情報をコピーして、JabRefやエディターで開いたbibファイルへ貼り付けます。

Lead2Amazonからのコピー


RePEc(IDEAS)からの取得 [経済学論文]

RePEc(IDEAS)では経済学論文のBibTeX情報を取得できます。Google(Scholar)もRePEc(IDEAS)にリンクがつながっている場合があります。

1. 検索画面でタイトルや著者を入力します。例えば以下の文献を探すべく、『Hayashi Prescott』で検索をします。

Fumio Hayashi & Edward C. Prescott, 2002.
"The 1990s in Japan: A Lost Decade," 
Review of Economic Dynamics, 

2. 該当するページのhttp://ideas.repec.org/a/red/issued/v5y2002i1p206-235.htmlが見つかれば、そのページ内にある[BibTeX]をクリックします。

RePEc(IDEAS)の出力サンプル

3. BibTeX形式の文献情報が出てきますのでNOTEの手前までを選択してコピーします。

RePEc(IDEAS)のBibTeX出力をコピーする

4. JabRefに貼り付ける場合は、<@ARTICLE{,>の行だけを選択して、<Ctrl+V>でペーストしてください。
  エディターで開いたbibファイルへ貼り付ける場合は、貼り付けた後ろに閉じ括弧『}』を付けてください。

JabRefのBibTeX Sourceへ貼り付ける

5. JabRefへの貼り付けでAbstractを加えたい場合は、htmlのAbstractをコピーしてJabRef内のAbstractへ貼り付けてください。

RePEc(IDEAS)からAbstractをとる。

JabRefへのAbstaract貼り付け


Webページの先頭へ戻る Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ