[Excel表をきれいにTeXからPDFへ入れ込む方法] はてなブックマークに追加 Tweet

WindowsとMicrosoft Excelを用いて、Excelの表を挿入してTeXからPDFを作る方法を紹介します。
ベクトル形式のExcel表を入れ込んだve_exta_eps.pdfのようなPDFを作成することができます。
tabular環境で書くのが面倒な表も簡単に挿入でき、Excel内の計算結果をそのまま使えます。

目次:ページ内リンク
Excel表のEPS化
EPSの枠調整
図を表のように見せるTeXの書き方
TeXでのEPS画像指定、dviとPDFの作成
関連ページ
WindowsでのTeX用仮想EPSプリンタの作成方法:TeX挿入用のEPSをWindows上で作成する方法の紹介です。
ExcelグラフをきれいにTeXからPDFへ入れ込む方法vector_eps.pdfのようなExcelグラフ入りPDFの作成方法の紹介です。
PowerPoint図をきれいにTeXからPDFへ入れ込む方法ve_pp_eps.pdfのようなPowerPoint図を入れ込んだPDFの作成方法の紹介です。
画像や写真をTeXからPDFへ入れ込む方法picture_eps.pdfのような写真入りPDFの作成法の紹介です。
Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ

まずTeXをインストールします。次にWindowsでのTeX用仮想EPSプリンタの作成方法を参考に、EPSファイルを作るための仮想EPSプリンタを作成しておきます。


Excel表のEPS化

1. MicrosoftのExcel(エクセル)で表を作成します。この例ではtable_example.xlsを使います。

TeXへ入れ込むExcel表の例

2. 印刷をクリックして、WindowsでのTeX用仮想EPSプリンタの作成方法で作成した[For EPS]を選択した後『プロパティ』をクリックします。

3. レイアウトのタブの中にある[詳細設定]をクリックして、[PostScriptオプション]から[EPS(Encapsulated PostScipt)]を選びOKを押します。

仮想EPSプリンタのEPS指定

4. [印刷]の設定画面に戻ると、[ファイルへの出力]にチェックを入れて『OK』をクリックします。

5. 出力ファイル名を尋ねてきますので、例えば『example.eps』と記入して『OK』をクリックします。

[ファイルへ出力]にチェックを入れて印刷する。

6. [マイ ドキュメント]の中に『example.eps』というファイルができていれば、EPSの作成は完了です。

プログラムからExcelを起動していた場合は、マイドキュメント内にEPSが作成される。


EPSの枠調整 [ExcelグラフやPowerPoint図とほぼ共通]

1 作成されたEPSファイルは、GSview(http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~khotta/ghost/)にて開くと、以下のような絵が出ます。

EPS内に大きな余白が存在

2. GSviewの十字カーソルを枠にしたい左下と右上の位置に合わせて、ウィンドウの下部に出る座標を読みます。

GSViewを使って、左下と右上の座標を確認する。

3. GSviewを開いたまま、同じEPSをメモ帳やエディターで開きます。

読み込んでいるEPSをメモ帳等で開く。

4. 6行目あたりにBounding Boxという項目があるので、そこを先ほど覚えた左下座標、右上座標に書き換えます。メモ帳を上書き保存します。

[Bounding Box]の座標を、GSviewで覚えたものに書き換える。

5. [Options]の[Show Boundig Box]にチェックが入っていれば、選択した範囲が破線で囲まれています。メモ帳で上書き保存をした後にGSViewを操作した段階で枠表示が変わります。この破線が抽出したい範囲に合っていれば、EPSの枠調整は終了ですのでメモ帳を閉じます。

GSviewを開いて、取り込みたい範囲と枠が合っているかを確認する。


図を表のように見せるTeXの書き方

\begin{figure} 〜\end{figure}の代わりに\begin{table} 〜\end{table}と変更しておくと、キャプションが図から表になります。図であれば『図1:図のタイトル』というキャプションが図の下につけますが、表であれば『表1:表のタイトル』というキャプションが表の上につけるのが一般的です。『表1:表のタイトル』というキャプションがEPS画像の上にくるように\includegraphics{example.eps}の上にキャプションを書きます。

\begin{table}[htbp]
\centering
\caption{表のキャプションは画像の上}
\includegraphics{example.eps}
\end{table}
と\begin{table}と\end{table}で囲い、includegraphicsの上にキャプションを書きます。

figureからtableへ


TeXでの画像指定とdviとPDFの作成 [ExcelグラフやPowerPoint図とほぼ共通]

1. 枠を調整したEPSをTeXファイルと同じフォルダに移動させます。

2. 以下のようなEPSを入れ込むTeXソースを書き、graphicxパッケージなどを使用してコンパイルします。 

\documentclass[a4j,12pt]{jarticle}
\usepackage{graphicx}
%画像挿入用のパッケージです。TeXをインストールすると付属しているはずです。
\begin{document}
\section{EPSの挿入}
以下のようにEPSを挿入します。

\begin{table}[htbp]
%画像の表示位置の優先順位 [h:挿入場所, t:ページの上端、b:ページの下端、p:独立ページ]
\centering
%EPSを中央寄せ
\includegraphics[width=8cm]{example.eps}
%widthで幅だけを指定すると、縦横比を維持して画像のサイズを拡大縮小します。
\end{table}

example.epsの代わりに挿入したいファイル名を入れます。

\end{document}

3. うまくコンパイルされるとve_exta_eps.dviができ、dvioutにおいて以下のような表示になります。

Excel表を取り込んだdvi

dvioutのカラー表示

dvioutでカラー表示されない場合は、[Option] [Setup Parameters]をクリックして[Graphic]のタブから設定できます。GIF:BMP(full color)を選択し、[Save]してからOKを押してください。

カラー表示できていない場合は、dvioutのGraphicから設定

4. dvioutでうまく表示できれば、dvipdfmでPDF化してください。上の材料を利用すればve_exta_eps.pdfができるはずです。

dvipdfmを使ったdviからのPDF作成

dviからPDFの作り方が分からない場合は、以下の手順に従ってください。

  1. PDFにしたいdviを選び、マウスで右クリックします。
  2. メニュー内の[プログラムから開く]を選択します。(一度dviの拡張子に対して、dvipdfmを選んでいれば画像のように候補表示されます。)
  3. 初めて選択する場合は、[参照][その他]などを押して、任意のプログラムを選べるようにします。
  4. \local\bin以下にdvipdfm.exeというプログラムがあるはずです。このプログラムを指定してdviを開きます。
  5. 一瞬黒い画面が出て、元のdviと同じフォルダにPDFができているはずです。

dvipdfmによるPDF化

他の方法として、dvioutからもdvipdfmxでPDFに変換することができます。

  1. Viewから[Change Tool Buttons]をクリックしてください。ツールバーの中に黄色いスマイルマークが画面に表示されます。(dvioutを再起動する必要があるかもしれません。)
  2. 黄色いスマイルマークをクリックすると、dvipdfmxでのPDF作成を尋ねてくるので、OKをクリックしてPDF化します。

dvioutからpdfmxへの変換

黄色いスマイルマークからのPDF化

5. 作成されたPDFの中のExcel表はベクトル形式なので、どれだけ拡大してもなめらかです。またテキスト部はコピー&ペーストも可能です。

Excel表を取り込んでTeXから作成されたPDF


Webページの先頭へ戻る Web倉庫へ戻る サイトマップ(分野別) 更新情報 keijisaito.infoのサイトマップ